グルメ

【2020年】春の七草をみそ汁で頂きました。

突然ですが皆さんは春の七草を全て言えますか?

 

せり、なずな・・・いろいろあって、ほとけのざっ!

年長さんの娘に聞いたところ

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

これぞななくさっ!!

どや顔で答えました・・・。

え、何でそんな完璧に知ってんの?最後の決めセリフなに?
今日のおやつは『ななくさ粥』だったもん。2回おかわりしたっ!!

・・・・

え、夜ごはんも『ななくさ粥』??
え? いやほら、おとーさんは正月にいろいろ食べ過ぎてお酒もいっぱい飲んだから、おなかにやさしい『ななくさ粥』が食べたいな~って思って
○○○(←年長さんの名前)はお酒のんでないからいらんっ!!

 

という事で、本日の夜ご飯は『ななくさ粥』ではなく『ななくさ味噌汁』になりました。

もともとスーパーに買い物に行った際に、七草セットが売ってたので、『ななくさ粥』でもしようかな~と思ったのですが、周りのお客さん(と言っても年配のおばちゃんが多かった)も割と買われていました。

子供には季節のイベントは何かしらしてあげたいって思ってます。秋には白玉だんごで月見とか、夏はスイカ食べて外で花火(最後に線香花火)とか。長男がもう中学生なんで、だんごを食べる量も多いし、花火も過激なやつが多くなって来てますが、参加してくれることに意味があると信じてます・・・笑

春の七草とは?

毎年、この時期になると思い出して、また来年になると忘れてる。そんなもんですよね。なのでちょっとまとめてみます。

名称 説明 こんなやつ
せり

セリ科の草。奈良時代から食用とされていたらしい。水分の多い土壌を好み、沢や河川の水際などに繁殖。
なずな

別名『ぺんぺん草』とも呼ばれる。アブラナ科の草
ごぎょう

御行

別名『ハハコグサ(母子草)』と呼ばれるキク科の草
はこべら

繁縷

別名『ハコベ』とも呼ばれるナデシコ科の草
ほとけのざ

仏の座

コオニタビラコ(小鬼田平子)と呼ばれるキク科の草
すずな

『カブ』の別名が『すずな』。カブはアブラナの一種であり、チンゲン菜や白菜、菜の花などの仲間。
すずしろ

蘿蔔

『ダイコン(大根)』の別名が『すずしろ』。ダイコンはアブラナ科ダイコン属の一種であり、古くから日本人に馴染み深い野菜の1つ。

春の七草粥のアレンジレシピ

我が家では今回、味噌汁になってしまいましたが、ななくさ粥のアレンジレシピはたくさんありましたので、以下にリンク付けておきます。

来年は年長さんも小学生だから、小学校の献立を確認しながら我が家のごはんも考えます!カニ缶使用の七草がゆいいな~

ちなみに我が家では、私がサラダ好きってこともあり、結構ブロッコリーやトマト、キャベツなどのサラダを作るんですが、子供ってそんなに量が食べれないので、青汁を好んで飲んでます。初めは見た目で

いらん。絶対おいしくないやん!

って言ってましたが、飲んでみると、フルーツジュースみたいな味だったので、毎日飲んでます。

おとーさんもビールじゃなくて青汁のんだらいーやんっ!
おとーさんはサラダにビールでいいわ~

 

こどもフルーツ青汁

-グルメ

Copyright© 2ndゴロでも打点付き〜blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.